木村歯科
TEL

4

医院の設備

歯科用多目的超音波治療器

  • 超音波の振動で主に歯ぐきの中の歯石の除去に使用します。
  • 負荷を自動で検知して一定の振動を保つので、より精密で痛みの少ない歯石とりが可能になります。
  • 歯石とり以外でも根管治療で0.1mm歯を削る時や、型どり前の最終形成などに使用します。

根管長測定機能付きモーター

  • 電気的な通電性の差を利用して歯の根っこの先の位置を正確に把握しながら根管治療を進めることができます。
  • 従来のステンレスと違い、柔軟性のあるニッケルチタンを使用することで、複雑な歯の神経の形状に追従することができます。
  • この2つの機能を併用することで、より安全に余分な歯を削ることなく汚染された部分を除去することができます。

ラバーダム防湿

  • 治療中の歯を感染から守ったり乾燥状態を維持する為に使用します。
  • 当院では根管治療の際には必ずラバーダムを使用し感染予防を徹底しています。

歯科用マイクロスコープ

  • 根管治療(歯の神経の治療)や虫歯治療に使用します。
  • 歯の神経は非常に細く、その先端は約0.3mm以下です。
  • 従来は手探りであった治療もマイクロスコープとCTを併用することで見える化し、治療成績を飛躍的に向上させることができます。

歯科用衛生システム

  • 機械表面(イスなど)はしっかり消毒する必要がありますが、あまり強力な薬剤は人体にも悪影響を及ぼすので選択が非常に難しいです。
  • 当院では国際基準の滅菌消毒システムを導入しています。
  • 有効成分は、アルコールと第四級アンモニウム化合物でドイツのロベルトコッホ研究所にて科学的に証明されたものです。

ウォッシャーディスインフェクター

消毒にはウォシャーディスインフェクター「ミーレ ジェットウォッシャー PG8581」を使用しています。食器洗浄機のようなもので、特殊な洗剤、高温によりB型肝炎ウイルスなどの消毒薬抵抗性が強い病原体(新型コロナウィルスは比較的消毒が容易)をも不活性化することができます。

クラスB高圧蒸気滅菌機

クラスB高圧蒸気滅菌機「DAC Professional」を使用して滅菌しています。ヨーロッパでは高圧蒸気滅菌機がEN13060という基準でクラス分けされており、滅菌バッグを使用したり、チューブ状のもの(歯科では多い)を滅菌するためには日本で一般的なクラスNではなくクラスBが必須となっています。

セファロX線診断装置

CT・パノラマX線診断装置

歯根や神経の位置、病変の広がり、骨の厚みなど通常のレントゲン写真 だけではわからない細部の3次元的なデータを得ることができ、より安 全で確実な診断を行うことができます。

最高水準の画質、かつ低被曝にこだわって導入しました。